2018年 12月 15日 (土)

今年の夏はツラいぞ!豪雨と猛暑・・・梅雨時から台風が次々襲来

印刷

   気象庁がきのう25日(2018年4月)に発表した5~7月の3か月予報によると、平均気温は全国的に平年より高くなりそうだという。気象予報士の天達武史が解説した。

   「ひとつ気をつけていただきたいのは、梅雨の時期なんです。どうも、いつもの年より南の海上で積乱雲が多く発生するんじゃないかということです」

   そのため、梅雨の時期から台風が多く発生し、梅雨前線を活発化させて大雨になりそうだという。

今年と同じ冬が寒かった2013年「局地的豪雨頻発」「最高気温41度」

tv_20180426145924.jpg

   2000年以降、冬が寒かった年が今年を入れて4回あるが、過去3回の梅雨はいずれも豪雨になってる。06年は「平成18年豪雨」、12年は「九州北部豪雨」、13年は「局地的豪雨頻発」があり、「梅雨というより、熱帯のように激しい豪雨が多かった」(天達)

   梅雨が明けると、大雨の過去3回は「いずれも猛暑」になっているという。13年は日本最高記録の41度を記録している。

   天達「どうやら今年は大雨、猛暑と進んでいきそうです」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中