2019年 2月 24日 (日)

「一般人なら逮捕」山口達也の強制わいせつ行為―示談成立で不起訴か

印刷

   強制わいせつ容疑で書類送検された「TOKIO」の山口達也容疑者(46)は、きのう26日(2018年4月)に会見で謝罪したが、所属するジャニーズ事務所は芸能活動は無期限謹慎としている。

   被害者が未成年でもあり、弁護士の菊地幸夫は「一般人なら逮捕されている」という。ただ、示談が成立していることなどから、「おそらく起訴はされないだろう」と見る。

無期限謹慎いつまで?

   にしても「TOKIO」だ。当分、5人が4人になるというだけでは済まない。東京五輪のフラッグを全国に伝えるスペシャル・アンバサダー、数々のテレビCM、福島県の支援ポスターなどから次々と外され、テレビ局も山口の出演番組を差し替えたり出演シーンをカットしたりと調整に追われている。

   山口はきのうの会見では「席があるなら、TOKIOでいたい」と言っていた。

   大畑大介(ラグビー元日本代表)、「ひとりになると、またお酒ということもありうるかも。メンバーがどう見守るかですね」

文   ヤンヤン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中