2019年 7月 20日 (土)

国分太一けさも沈痛「山口にすまんと言われた。突き離せない」

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   女子高生に対する強制わいせつ行為で書類送検された「TOKIO」の山口達也容疑者(46)はきのう26日(2018年4月)午後に謝罪会見をしたが、同じメンバーで「ビビット」の司会の国分太一は「正直、冷静に見ることができなかった」と困惑の表情で語った。

   国分は、山口がデビューから23年間、グループとして歩んできたと話したことに、「あんなコメントは聞きたくなかった」と言い切った。一方で、「どこか同じメンバーとして見ている自分がいて、何を語っているんだと思う感覚もある」と、複雑な心境を明かした。

「なにやってんだとは言ったけど、突き放すだけでは・・・」

tv_20180427122634.jpg

   事件の相談はされなかったそうで、「メンバーに相談できない空気と環境になっていたのか。相談があってもよかったかな」と話した。

   会見後に山口と会い、「なにやってんだとは言いいました。すまんと言われました。今後の話はできる状況でなかったです」という。「突き放すだけでなく、ずっと身近な存在になりたいとも思います。話を聞くことも一つなのかな」

   テリー伊藤(タレント)「部活や青春ドラマとは違う。46の男だし」

   国分「まず(山口以外のメンバー)4人で話し、山口とも話して、一つ一つていねいに進むことが大切かなと思います」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中