2019年 10月 15日 (火)

平尾龍磨・脱獄囚「久しぶりにゆっくり寝られた」さすがに辛かった逃走23日

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   愛媛県の松山刑務所大井造船作業場から脱獄し、23日目のおととい30日(2018年4月)に逮捕された平尾龍磨容疑者(27)は、広島県尾道市の向島で別荘の屋根裏に潜み、テレビを持ち込んで警察の動き把握していた可能性がある。のべ1万5000人を投入した大掛かりな捜索だったが、後手に回ったようだ。

   別荘は草木におおわれた岩屋山の上にある。「ビビット」のスタッフが訪れると、ドアや窓は閉め切られて中は見えないが、玄関の前には自転車や物干し竿が置かれていた。

潜伏していた屋根裏にメモ「刑務官が嫌だった」

tv_20180502111223.jpg
 

   「この家だったのか。まさか、こんなに近いところだったのか」と地元の住民たちは驚く。別荘は以前から売りに出されていたが、所有者は最近も住んでいたという。「電気も水道も食べ物も服も靴も何でもありますよ」という人もいた。

 

   「刑務官が嫌だった」と屋根裏には脱走の動機とみられるメモがあった。逮捕後、平尾は「あと半年で出られることが分かっていたが、それでもつらいので逃げた」と供述している。「久しぶりにゆっくり寝られた」と話しているという。

捜索にのべ1万5000人、3億円超

 

   司会の真矢ミキ「逮捕されてよかったものの、捜索隊の人数、捜索費、3億円超といわれています」

 

   原晋(青山学院大学陸上部監督)「(地元が広島県の三原市なので)私の実家の近くをバイクで通って、広島へ行ったんだと思います」

 

   キャスターの堀尾正明「半年も耐えられないほど人間関係がつらかったといっています。そこを改善しなければ第2、第3の平尾容疑者が出てもおかしくない」

 

   大捜索についても反省すべき点が少なくないだろう。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中