2019年 2月 22日 (金)

今世紀最大の見世物!生中継させた大統領、とっちゃん坊や風の独裁者、薄化粧の妹・・・みんな役者だねえ
<南北首脳会談始まる>(NHK総合)

印刷

   大袈裟に言えば、この生中継は今世紀最大の見世物であった。金正恩という独裁者の生の顔を、加工もせずに写させた文在寅韓国大統領は大したものである。どこかの嘘だらけの口先男とは大違いだ。大統領に当選した時には、ただヘラヘラと笑っているだけの薄っぺら男かと思っていたが、どうしてどうして緻密な演出には驚いた。

   金正恩委員長はオジサンを処刑し、腹違いの兄を暗殺し、他にも数多くの人民を公開処刑していると伝えられている。あの軍事境界線をニコニコしながらやってきた、太目で人の好さそうなとっちゃん坊や風の権力者が、それらの指令を出したとは思えないくらい別人格に見える。1人の人間の中に存在するジキルとハイドなのか、或いは、後継者として純粋培養されて、育ちの良さからくる人懐っこさが地で、残酷な司令塔の部分は思考の外側にある仕事と割り切っているのか。いずれにしても理解不可能な人物である。

   最も印象深かった場面は、青色の屋外渡り廊下の休憩所に座って、文大統領の言葉を聞いている金委員長の顔である。筆者が思うに、中国の習近平主席によほど強烈に脅かされたのではないか。「お前、アメリカは本気でぶっ殺しに来るぞ、一瞬間で平壌なんか破壊されるぞ、方向転換しろ」。だから、文の所説を真面目に聞いた。彼を味方にしたい。妹の金与正は薄化粧で控えめだが、この人、相当に頭が切れる。わがファーストレディのバカ夫人とは月とスッポンだ。(放送2018年4月27日9時~)

   (黄蘭)

採点:1

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中