2019年 7月 20日 (土)

プロテニス・ツアーで「ダニエル太郎」が優勝、日本人4人目の快挙 でも、ダニエルWHO?

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   プロテニスにまた1人スターが誕生した。ダニエル太郎、25歳。きのう6日(2018年5月)行われたイスタンプール・オープンで優勝した。日本人選手では4人目。しかし、ダニエル太郎なんて知っていました?

   ダニエル太郎選手は現在世界ランク114位で、はじめはポルトガルのエストリル・オープンに予選から出場予定だったのだが、直前にイスタンブール出場が認められてトルコに飛んだという。

日米のハーフ、身長191センチ、76キロ、4か国語に堪能

tv_20180507114841.jpg

   日本時間の昨日深夜行われたイスタンブール・オープン決勝。相手は、チュニジアのマレク・ジャジーリ選手(34)、世界ランク78位。格上だが、ダニエル選手は今年3月、元世界1位のジョコビッチ選手に勝ってもいる上昇株。

   決勝は、ともに得意だというクレーコートで、一進一退の接戦になった。タイブレークにまでもつれた第1セットをものにすると、第2セットも優位に進め、2-0のストレートで勝った。自身、ツアーで決勝は初めてだったが、堂々たる勝ちだった。

   「イスタンブールに来るはずのない男が優勝しちゃった。誰だかわかるかい?」とアナウンスされると、ダニエル選手は笑顔で、「ありがとう。それは僕だよ」と答え、「今週初めは、エストリル・オープンに参加予定だった」と観客に事情を説明した。イケメン、笑顔がさわやかだ。

   そのときツイッターにも、「ポルトガルで予選の準備をしていたが、イスタンブールの本戦に入ったので、今からイスタンブール。飛行機であちこちはきついですが、本戦は嬉しい」と書いていた。

   加藤浩次が「そういうことってあるんですか?」と聞く。

   元テニス選手の杉山愛「このランクの人たちは両方に申し込んでいて、それが認められたということ。レアケースですがあります」

   加藤「それが優勝しちゃった」

   杉山「本当にすごいです。何度も負けそうになったのを跳ね返してきた。気持ちがしっかりしている」「もともとディフェンスは強いが、攻撃力がつかないと上位にはいけない。上背を生かしたサーブもよくなって、本当に力をつけてきている、急成長中」

   ダニエル選手は、米ニューヨーク生まれ。母が日本人、父がアメリカ人で、身長191センチ、76キロ。日本に住んでいたこともあり、日本語、スペイン語、英語、ロシア語ができるという。

   5歳でテニスを始め、14歳の時、家族とともにスペインに移った。そこで、世界のトップ選手とトレーニングを積み、2010年、17歳でプロデビューした。

   加藤「スペインはテニスをするために?」

   杉山「家族ごとというのはよくある」

   加藤「14歳から、世界に出ていると違う?」

   杉山「違う文化を見られるのはいい。経験にもなる。でも、自分に合うかどうかを見極めるのが重要。日本選手が、外国生活に馴染めないこともある」

   加藤「ダニエル太郎って、いい名前だ」(笑)

   この優勝で、ランクが80位くらいになると、試合の状況も変わるという。それはいいとして、純日本育ちというのが、出てくることはあるのだろうか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中