2019年 11月 22日 (金)

GW明けが感染拡大の危機! 1000人に1人が死亡する最強「はしか」が大流行

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   はしか(麻疹)が大流行の兆しを見せている。

   はじまりは1人の外国人旅行者だった。台湾から沖縄に来た30代男性によって、沖縄県内で感染者が急増。男性はその前にタイを訪れており、そこで感染したと見られている。

   その後も、名古屋、埼玉、東京など大都市に拡大し、きのう7日(2018年5月)までに確認された感染者は全国で135人に達した。うち90人は沖縄県内だ。過去のデータから、多くの人が旅行するゴールデンウィーク明けは感染者が急増するというから注意が必要だ。

飛行機に1人でもいたら全員アウト!

tv_20180508115030.jpg

   はしかの感染力はインフルエンザの10倍と言われ、道端ですれ違っただけでも感染する恐れがある。飛行機の中に1人患者がいれば、免疫のない人は全員感染すると言われているほど強い。感染すると100%発症し、死亡率は1000人に1人と高い。

   しかも、ウイルスで空気感染をするはしかは手洗いやうがい、マスクでも予防できない。ただ1つの予防法はワクチン接種だ。

   潜伏期は10日から2週間。その後、2~4日間、発熱やせき、鼻水など風邪のような症状が出た後39度以上の発熱と発疹がある。風邪との見分け方は口の中にできる口内炎のような斑点だ。

文   ピノコ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中