2018年 5月 24日 (木)

<おっさんずラブ>(テレビ朝日系)
ゲイのおっさんだって純愛したい!田中圭、吉田鋼太郎らが悶える可笑しくてせつない男同士の恋

印刷

   ボーイズラブならぬ、おっさんずラブときた。2年前、年末のスペシャルドラマとして放送したのが好評で、このたびめでたく連続ドラマ化されることになった。主演・田中圭、ヒロイン・吉田鋼太郎は変わらず、ライバル・林遣都が加わり、単発版とは違う、新たなストーリーになっている。

   これが男女の話ならありがちな恋愛ドラマだが、男と男、おっさん同士になると、せつないけど可笑しい、可笑しいけどせつない。新しい感覚が味わえる。

   田中圭演じる女好きだがモテない33歳のおっさん・春田創一(はるたん)は、まわりからの信頼も厚くダンディで、ピュア過ぎる乙女心を秘めたおっさん上司・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)と、同居中のイケメンでドSな後輩・牧凌太(林遣都)の2人から告白される。

土曜夜の密かなお楽しみ

   一歩間違えれば、ドタバタ喜劇かコントか、ただのおふざけにもなりかねないところだが、そうならないのは、俳優たちの演技の賜物だ。シェイクスピア俳優として舞台を中心に活躍し、NHK朝ドラ「花子とアン」の炭鉱王・嘉納伝助を演じてブレイクした苦労人の吉田をはじめ、田中も林も脇に回ることが多いが、時に主役を食うキラリと光る存在だ。

   実力派3人に加え、これまで謎だった潔癖症の主任・武川政宗(眞島秀和)が、実は牧の元カレだったことが発覚する。眞島は前クール「隣の家族は青く見える」(フジテレビ系)でもゲイの設計士役と、すっかりゲイがハマリ役になった。

   黒澤の妻・蝶子役の大塚寧々、おばちゃん営業部員・瀬川舞香役の伊藤修子、春田の幼なじみ荒井ちず役の内田理央ら、女性陣も個性派揃いでGOOD! 今期イチのピュアな恋愛ドラマ。土曜夜の密かなお楽しみだ。(土曜よる11時15分~) 

   黒うさぎ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中