2018年 5月 23日 (水)

支店長を金庫に閉じ込め現金1100万円強奪!信用金庫の開店待伏せ

印刷

   伊藤利尋キャスターが「その手口は凶暴かつ狡猾なものでした」と取り上げたのは、きのう16日朝(2018年5月)、東京・杉並区の西武信用金庫西荻窪支店に男が押し入り、現金約1100万円を奪って逃走した強盗事件だ。

   強盗犯の男は、出勤してきた支店長を金庫に閉じ込めてカギをかけ、カネを奪った。その際、別の店員と鉢合わせしたが、この店員も閉じ込めた。

白いヘルメットをかぶり、ベージュの作業着

   男は30~40代。身長175~180センチで、白いヘルメットをかぶり、ベージュの作業着に黄色い腕章を付けていたという。閉じ込められた店員は、男が扉の近くに落としたカギを使って脱出し、犯人を追いかけたが見失った。

   支店長は軽いけがを負った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中