2018年 8月 21日 (火)

日大の部長・監督は謝りに来い!「関学大」直接謝罪を要求―内田監督いまだ雲隠れ

印刷

   アメリカンフットボール試合での危険プレーについて、関西学院大はきのう17日(2018年5月)、日本大の部長や監督の直接謝罪を要求した。日大側は意図的な反則を否定し、内田正人監督も公の場で釈明していない。

   スポーツライターの玉木正之氏は「ここまで悪い体質が残っているとはねえ・・・。すべてが旧陸軍の伝統からきているんですよ。いまこそ変える時です。これをチャンスにしてほしいですね」と話す。

日大はなにやってるのか?「内部調査して24日までに回答する」

tv_20180518121316.jpg

   日大は関係者からの確認作業をやって、関西大には24日(2018年5月)をめどに回答するとしている。

   堀尾正明キャスター「ここまできたら、上の上の人たちが出て、監督もふくめて、しっかり処分しないと納得できません。監督の意にそう選手しか育てないとしたら、間違っています」

   司会の国分太一「廃部の声も気になります。下級生の夢は守らないと」

   テリー伊藤(タレント)「僕は日大出身だが、各大学の人たちがノンポリにならずに話し合ってほしい」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中