2018年 5月 23日 (水)

藤井聡太「最年少七段」かけてただいま対局中!相手は難敵・船江恒平六段

印刷

   将棋の藤井聡太六段(15)はきょう18日(2018年年5月)午後は第31期竜王戦の挑戦者決定トーナメント進出を決める「ランキング5組」の準決勝の対局中だが、これに勝つと七段に昇格する。

   対局の相手は「藤井キラー」と呼ばれる井上一門で、詰将棋界の若大将と呼ばれる船江恒平六段(31)だ。「モーニングショー」のゲストの「王座」タイトルを持つ中村太地七段は「藤井さんにとっては大変な相手で、序盤に優位に立たないと負けるかもしれない」と予想していた。

今夜10時過ぎに決着

   七段に昇格すると、加藤一二三・九段が持つ史上最年記録(17歳3か月)を15歳9か月に塗り替えることになる。

   今夜10時~11時ごろに勝負が決まる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中