2019年 10月 20日 (日)

11連覇逃した全日本から3週間、キング復活! 内村航平が大逆転V10

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   「内村選手、ふたたび王者に返り咲きました」と、伊藤利尋フジテレビアナウンサーが興奮気味に話した。

最終種目の鉄棒でG難度のカッシーナを決めた

tv_20180521174316.jpg

   体操の内村航平選手(29)が20日(2018年5月)、NHK杯の男子個人総合で前人未踏の10連覇を達成し、「雪辱」を果たした。絶対王者だった内村は、3週間前の4月の全日本選手権で11連覇を逃していた。

   この日のNHK杯は、5種目終了時点で谷川翔選手が1位。しかし、3位の内村選手まで、0.6点差の中に3人が入る大接戦だった。最終種目の鉄棒で、内村はG難度のカッシーナを成功させ、着地も見事に決め、大逆転で優勝した。

   同大会は、今年10月にカタールで行われる世界選手権の代表選考会を兼ねており、内村選手と2位の白井健三選手が出場を手にした。

   「谷川君もフィニッシュがピタッと決まる人で有名なんですが、内村航平にはまだかなわないってことかな」(小倉智昭キャスター)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中