2019年 7月 22日 (月)

「死ぬかと思った!」白煙立ちこめるエアージャパン機内に閉じ込められた恐怖の20分間

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   白い煙が充満する中、赤ちゃんの泣き声と必死であやそうとする母親の声が聞こえる。目を凝らすと、煙から逃れようと頭を下げ、口を押える乗客たちの姿が見える。

   きのう21日(2018年5月)午前10時ころに成田空港で撮影された、全日空系エアージャパン機内の様子だ。

   乗客・乗員123人を乗せた旅客機が、香港へ飛び立とうと動き出そうとした時、エアコンから白い煙が出始めた。およそ15分後、機内には白煙が充満した。

「この状況で何も説明がない20分は長い」

tv_20180522125933.jpg

   「落ち着いてください」「頭を下げて、口をふさいでください」と、乗務員からおしぼりが配られたほか、説明は何もなかった。煙で視界を奪われ、異臭が漂う機内に閉じ込められた乗客の中には「死ぬかと思った」というほどの恐怖を覚えた人もいた。

   発生から20分後、ようやくドアが開き乗客らは外に出られた。

   国土交通省などは、最後部にある補助動力装置になんらかの故障があり、オイルが漏れて煙が発生、エアコンダクトを通じて客室に充満したとみている。元日本航空機長の塚原利夫氏は「整備上の見落としがあったのではないか。今回は人命に関わるような究極のダメージではないが、整備は完璧を目指さなければならない」と話している。

   青木理(ジャーナリスト)「飛行機整備の取材をしたとき、1つの大きな事故の背後には細かいミスがたくさんあると聞いた。整備ミスがあったのだとしたら、原因究明と再発防止をちゃんとしてほしい」

   羽鳥慎一(司会)「20分間、この状況はきついですね」

   菅野朋子(弁護士)「なにも説明がないのはものすごく不安。今はテロもあるし、毒ガスかも知れないとか考えてしまう。ものすごく長く感じたでしょう。今後精神的な影響も出てくるかもしれない」

   玉川徹(テレビ朝日解説委員)「乗っている側はパニックにならないことが大事なんだけど、そのためには、なるべく早いアナウンスが必要です。地上にいたんだったらさっさと戻ればよかったのでは? ドアさえ開けたら煙は出てくわけだから」

文   ピノコ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中