2019年 7月 23日 (火)

川崎「簡易宿泊所の街」女性に人気!?再開発でおしゃれで安いゲストハウス

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   神奈川県川崎市の「簡易宿泊所」の近くに女性客が殺到している宿があると、司会の真矢ミキが伝えた。川崎駅から歩いて10分の日進町には、日雇い労働者や生活保護受給者が宿泊する1泊1000円台の「簡易宿泊所」が建ち並んでいる。

   だが、2年前から日進町を含む川崎駅周辺の再開発が進められ、簡易宿泊所は年々減少傾向だ。そんな中、男性が多かった街に女性客が増えているというのである。

1泊3000円でカフェスペースやラウンジ

tv_20180523130209.jpg

   おしゃれなカフェスペース、ソファにくつろぐラウンジ。ここは客室227部屋の巨大ゲストハウス「オンザマークス」という宿だ。人気の秘密は「安い値段と清潔感」。

   個室タイプ(約3畳)1泊4800円。都内のビジネスホテルの相場より約4割安い。2段ベッドタイプ(約2畳)は1泊3000円。女性専用のフロアもある。シャワー、トイレ・洗面台は共用だが、無料で使える。地下には共有ラウンジもある。

就活中の学生やイギリス人カップル

   客に聞いてみると、「住まいは大阪だけど、川崎にダンススタジオがあって、2週間ぐらいレッスンのため来ています」(25歳女性)、「金沢から就活に来ています。医学部生なので関東の病院で就職活働しています。ここは駅から近いし、キレイだし、安いし」(20代女性)。「羽田空港から電車で15分。東京よりとてもリーズナブルだと思います」という20代のイギリス人カップルもいた。

   「川崎の宿の広がる2、3畳の世界、そこには過去と未来を結ぶ川崎の今がありました」 ナレーションはそう気取ってまとめた。東京オリンピックも控え、これからも変わって行くだろう。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中