2018年 6月 23日 (土)

<お願いランキング>(テレビ朝日系)
「添い寝の相手」どっちの男子選ぶ?三角関係デートで女子がジャッジ

印刷

   久しぶりに見てみたら、ちょっとばかり毛色が変わっていた。

   今回の企画は、好評シリーズもの「添い寝プリンス」とのことだが、キャッチーさとは裏腹に、中身の想像がつかない。ここで親切な説明が入る。添い寝プリンスとは、1人の女の子に2人の男の子という三角関係で1日のデートを楽しんでもらった後、より心惹かれた方を女の子にジャッジしてもらって、晴れて選ばれた男の子とカップル成立、一緒に添い寝という企画らしい。

   ただし、今後も関係を続けたいかの判断は、翌朝にする。朝まで添い寝を続けたらカップル続行、朝起きたら女性がいなかったら不成立というわけだ。前2回は、朝になったら女の子がいない=カップル不成立が続いているとのことだか、果たして今回はどうか。

スレンダー美女を小動物系キャラと正統派イケメンが必死の争奪戦

   登場した女の子は21歳のスレンダー美女・後藤さりさん。ミスマガジン候補という愛くるしい美人だ。彼女を奪い合う男性は、読モ感の強い博多男子と専業モデル感のある長身の大阪男子。小動物系と正統派とは良いところをついてくる。

   後藤さんにとって、デートの行程は選択の連続だ。一緒に人力車に乗りたいのはどっち? 一緒に似顔絵を買いて欲しいのは? 一緒に絵馬を描きたいのは?――常に主導権は女性にあり、気を引くために男性は競い合う。

   ここで博多男子が見せたベタベタの媚びが、個人的には「なし」だった。どちらを選んでもらうかという、「キスマイブサイク」的なものと割り切ってみれば面白いけれど、初デートの女の子にかける言葉と思って見ると、なんだか気持ち悪いのだ。

   だって、初デートで「ずっと一緒にいれますように」と絵馬に書く奴って、危なくないかな。勘違いからのストーカー化などの嫌なシナリオが頭をよぎる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中