2019年 2月 23日 (土)

日テレ編成局長、「DASH」で山口達也事件にふれない理由を説明

印刷

   TOKIOが出演する日本テレビの「ザ!鉄腕!DASH!!」が、元メンバー山口達也氏が強制わいせつ事件を起こして抜けた後、番組で事件について一向にふれないことにインタネット掲示板や他局のワイドショーなどから批判を受けている。

ジャニーズ事務所に損害賠償もせず

   日本テレビは28日(2018年5月)に開いた定例会見で、報道陣から「なぜ事件に言及しないのか」「ジャニーズ事務所に損害賠償はしないのか」と問われ、福田博之編成局長は「あのことがどうであったかとか触れることはございません」と、今後も事件について言及することはないと答えた。また、放送予定番組をなくしたり、山口氏の出演シーンを削除したり、費用負担はかかったが、「ジャニーズ事務所からきちんとしたお詫びもいただき、誠意をいろんな形でいただいている」として、「損害賠償請求はしません」とキッパリと否定した。

   日テレでは、TOKIOの高視聴率番組「ザ!鉄腕!DASH!!」をはじめ、山口氏個人でも朝の情報番組「ZIP!」のパーソナリティー、「幸せ!ボンビーガール」のMCとしてレギュラー出演していたから、影響はかなりあったはず。NHKが、被害者の女子高生と山口氏の出会いの場となったEテレ「Rの法則」の打ち切りを決定、ジャニーズ事務所に対する損害賠償請求を検討しているのに比べ、遠慮ぶりがきわだっている。記者会見の場でも事件そのものを「あのこと」と腫れ物に触る表現だった。(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中