2019年 7月 23日 (火)

はまって地獄を見た宮川選手・・・「内田独裁」精神的に追い込んでマインドコントロール

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   関東学生アメリカンフットボール連盟はきのう29日(2018年5月)、規律委員会による調査結果を発表した。日本大の内田正人前監督と井上奨前コーチの会見内容には虚偽があったと判断し、悪質タックルは2人の指示だったと認定した。2人には最も重い除名処分が課せられた。

   委員会は内田前監督ら関係者約20人への聞き取りや動画の検証などを行い、「ほぼ全容解明できた」という調査報告では、これまで明らかになっていなかった事実も明らかにされている。試合中、日大の守備チームのリーダー格の選手が「(宮川選手は)監督の言う通りにやったんや」とげきを飛ばしていたのを、観客席にいた人が聞いていた。連盟は「当該選手があそこまでやったんだから、俺たちももっと気合いを入れていこうぜ、というニュアンスだった」と解説した。

日大アメフト選手も自責「チームメイトを助けられなかった」

tv_20180530123231.jpg

   報告は日大アメフト部の内田体制の異様さも浮き彫りにしている。コーチたちはみな監督を恐れ盲従していた。理不尽なことでも実行するのが「内田フェニックス」の当然の掟だった。特定の選手を面罵し、無理な要求をして精神的に追い込んだ。選手間ではこの対象者になってしまうことを「はまる」と呼んでいた。一種のマインドコントロールである。

   過去に「はまった」選手たちは「地獄だった」と連盟の調査に答えている。今回、「はまってしまった」のが宮川選手だった。連盟の寺田昌弘監事は「いかなる事情があったとしても、アメリカンフットボール選手としてあのタックルはしてほしくなかった」と語った。

   連盟の会見に先立ち、日大アメフト部選手の声明文も発表された。「私たちの大切な仲間であるチームメイトがとても追い詰められた状態になっていたにもかかわらず、手助けすることができなかった私たちの責任はとても重いと考えています」と宮川選手に言及し、「部の指導体制も含め生まれ変わったと認めていただいた時には、プレーできる機会をお許しいただければありがたい」「そのときにはチームメイトも一緒にプレーできれば」と望んでいる。

松田丈志「ロボットのように強化しても真のアスリートにはなれない」

評論家の宮崎哲哉「刑事事件の動きもあるなかで、連盟が自分たちの問題解決能力を示す必要があり、強く踏み込んだ結論になりましたね」

   東京大アメフト部の森清之ヘッドコーチは「ここまで踏み込んで断定するのは、規律委員会としては非常に勇気ある判断だったと思います」

   競泳の元日本代表の松田丈志は「選手を監督の枠にはめてロボットのように強化しても、真のアスリートにはなれません。自ら考えて自ら動ける選手を育てることが大事です」と語った。

文   キャンディ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中