2019年 10月 20日 (日)

「内田流いじめ」特定選手を罵倒し干すと脅し!日大アメフト部の恐怖「はまる」

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   日本大アメリカンフットボール部では、内田正人前監督らのパワハラや選手いじめが横行していた。関東学生アメリカンフットボール連盟の調査で浮かび上がったのは、選手たちが「はまる」とよんで恐れた精神的虐待だ。

   内田前監督は特定の選手を突然、名指しして酷評し、「干す」とプレッシャーをかけた。選手たちはこれを「はまる」と呼んでいて、理不尽な要求をされて顔つきまで変わった選手もいた。監督には「はい」以外の返事はなく、コーチは「監督が黒と言えば白いものも黒くなる」と追い討ちをかけていた。

デープ・スペクター(テレビプロデューサー)「常識を超え、これはやりすぎ。衝撃的な教訓ですよ」

山崎夕貴キャスター「はまるというワードに恐ろしさを感じますね」

「精神的虐待」容認してきた田中理事長体制

tv_20180530131105.jpg

   コーチは選手を守ろうとせず、宮川泰介選手を高校から見てきた井上奨前コーチもどんどん変わっていき、宮川選手は「寂しく思っていた」「高校時代は楽しかったアメフトが楽しくなくなった」と学連のヒアリングで話したという。

司会の小倉智昭「内田前監督は大学の常務理事の中でも上位にあり、田中理事長につぐナンバーツーですよ。甲子園ボウルで優勝もさせて、ひょっとしたら次の理事長候補だったかもしれない」

伊藤利尋キャスター「その体制に問題があったことが、ここで出ました」

田中理事長の責任も厳しく問われずにはすまされない。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中