2019年 2月 23日 (土)

「女性記者セクハラ」テレ朝の調査・謝罪要求を財務省いまだシカト

印刷

   テレビ朝日の角南源五社長は29日(2018年5月)の定例記者会見で、女性記者に対する福田淳一前事務次官のセクハラ行為に対して、財務省に詳しい事実調査と謝罪を求めているが、「とくに進展はありません」と語った。財務省は前次官の辞職、退職気温の減額で「一件落着」という対応で、テレ朝の要請にもなしのつぶてと言うわけだ。

   また、角南社長は2015年に男性プロデューサー(当時54歳)が心不全で死亡し、三田労働基準監督署から過労死と認定されたことについて「全社を挙げて、働き方改革に取り組んでいる」と述べた。(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中