2019年 3月 26日 (火)

日大アメフト監督・コーチの処分で終わらせるな!日本のスポーツ界に根深い独裁・暴力体質

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   関東学生アメリカンフットボール連盟は29日(2018年5月)、日本大アメフト部の内田正人前監督と井上奨前コーチを永久追放に当たる除名、宮川泰介選手とアメフト部は今年度公式戦出場停止の処分とした。

   大阪学院大アメフト部の高野元秀総監督は「決定的根拠がない部分があるが、処分は妥当だったと思う」と話し、スポーツライターの小林信也氏も「わりとスッキリした結論だと思いますが、(監督とコーチ)3人が処分されたが、その他のコーチはどうなんだと不十分な感じもあります」

勝てばいいのか・・・親やファンも考え直すいい機会

   ただ、小林氏は「この問題は、日本のスポーツ界が抱えている体質そのものなので、これを機会に指導者や選手、親御さん、見ているファンもこのことをもっと考える機会にしてほしいですね」と強調した。

文   モンブラン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中