2019年 12月 13日 (金)

日本料理の達人が教える「ごま」パワー! ご飯やおかずにふりかければ腐らない

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   きょう31日(2018年5月)の「みんな!ゴハンだよ」コーナーは、日本料理研究家の斉藤辰夫さんが「なすと豚肉のしぎ焼き」を紹介した。

   なすはヘタと底を切り落とし、皮をしま目状に3か所ほどむいたら乱切りする。水にさっとくぐらせ、水気をしっかり拭き取っておく。

   フライパンにごま油を多めにひき、こま切れの豚肉を炒める。色が変わってきたらなすを加え、油が回ったら乱切りしたピーマンを加える。

   しんなりしてきたら砂糖を入れ、水分が出てきたらみそを加えて弱めの中火で約2分炒める。しょうゆを入れて香り付けし、仕上げに白ごまをふりかけて混ぜ合わせたら完成だ。

2~3日同じものを食べた方が胃に優しい

   博多大吉キャスター「なすに味がしみてますね!ご飯に合う」

   博多華丸キャスター「なんぼでもご飯食べられます」

   ごまを最後にふりかけるのには、おいしさ以外にも理由があるという。

   斉藤さん「よくお弁当で白いご飯にごまをかけますよね。それで腐らないようになるので、ごまは最後に使うとすごくいい。何でも付けて置いておくと保存がききます」

   しぎ焼きも、冷めてから冷蔵庫に入れたら2~3日保存できる。

   斉藤さん「本当は2~3日同じもの食べた方が体に負担がないんです。昔おばあちゃんがいっぱい料理作って冷蔵庫に入れておいたでしょ。胃も『またこれが来た』と安心する」

   冷蔵庫から出したら温めておかずにするもよし、冷たいままでそうめんにトッピングするのもおいしい。

文   ピコ花子
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中