2019年 2月 24日 (日)

韓国財閥のパワハラ一族に新たな疑惑続々 関税逃れの密輸、母親の暴行、息子の裏口入学

印刷

   「家族ぐるみの疑惑が続出しています。また新たな疑惑です」と水卜麻美アナが伝えたのは、韓国・大韓航空のオーナー一族の密輸問題だ。

税関が家宅捜索で押収した密輸品は2.5トン

   客室乗務員のナッツの出し方に激怒して旅客機をUターンさせた「ナッツ姫」ことチョ・ヒョナ元副社長が、去年(2017年)12月に航空保安法違反で懲役10か月執行猶予2年の有罪判決を受けた後、今度は海外での買ったブランド品を会社の備品として関税逃れをした疑いが浮上。きのう4日(2018年6月)仁川税関に出頭した。

   父親のチョ・ヤンホ会長はカメラ部品、母親のイ・ミョンヒさんは家具、妹の「水かけ姫」ことチョ・ヒョンミン元専務はペットのえさやソーセージ。どれも会社の備品を装って「コリアンエアVIP」のコードで税関をスルーしたとされる。税関が家宅捜索で押収した品は2.5トンにもなるそうだ。

   このほか、イ・ミョンヒさんもきのう4日、自宅の警備員や工事関係者に剪定バサミを投げつけて暴行した容疑で裁判所に出頭した。ナッツ姫の弟にも名門大学に裏口入学した疑惑が持ち上がっている。

   

   あっちゃん

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中