2018年 10月 22日 (月)

安倍外交の正念場!トランプに「対北圧力」要請―拉致問題タナ上げで支援だけ押しつけられる心配

印刷

   来週12日(2018年6月)の米朝首脳会談を前に、安倍首相はトランプ大統領と会談するためアメリカに向かった。安倍内閣は米朝会談が決まってからも、対北圧力の一層の強化を主張してきたが、トランプは北朝鮮の金正恩委員長の親書を携えた金英哲・党副委員長と会談した際も、拉致問題などの人権問題を取り上げなかった。「もう『最大限の圧力』という言葉は使いたくない。米朝関係は今、いい感じだ」など、北朝鮮に対する姿勢は大きく変わっている。

   TBSの元政治部長で流通経済大の龍崎孝教授はこの変化について、「安倍首相にとっては想定外でしょうね。考えていないことを次々と言われていると思います」と解説する。 拉致問題が解決しないのに北朝鮮への支援をアメリカから求められかねない状況になっている。

得意の対米関係で手柄あげるはずが・・・

   司会の国分太一「国内でいろいろ問題があるなかで、国外でも結果を出せない、いい答えをトランプ大統領から引き出せないとなると、安倍政権にも影響が出てくるのではないでしょうか」

tv_20180607122219.jpg

   龍崎教授「今回、トランプ大統領に押し込まれてしまうようなことがあれば、安倍外交の敗北となりかねません。勝負どころです」

文   キャンディ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中