2018年 8月 21日 (火)

「もうおねがいゆるして」5歳娘に反省文書かせて虐待殺人!捜査1課長も涙の発表会見

印刷

   「ママ もうパパとママにいわれなくてもしっかりとじぶんからきょうよりももっとあしたはできるようにするから もうおねがいゆるして ゆるしてください」

   わずか5歳の女児が覚えたばかりののひらがなで書き残した言葉だ。今年1月から死亡するまでの間に書かされたとみられている。

   東京・目黒区の船戸結愛(ゆあ)ちゃん(5)が両親の虐待の末に死亡した事件で、警視庁は父親の無職、船戸雄大容疑者(33)を保護責任者遺棄致死の疑いで再逮捕し、母親の優里容疑者(25)も同容疑で逮捕した。

食事はスープ1杯、真冬のベランダに放り出し

   結愛ちゃんは今年(2018年)3月2日、意識不明の状態で病院に搬送され死亡が確認された。体重は5歳児の平均20キロの約半分の12キロしかなかった。顔には殴られたアザがあった。

   食事は、朝はスープ1杯、昼はお椀に3分の1のご飯、夜はお椀に半分のご飯だけだった。1日1食の日もあった。冬の寒い日に水を掛けられたり、ベランダに出されたりすることもあり、足に重度のしもやけの痕が残っていた。

   雄大はしつけと称して、目覚ましをセットして毎朝4時に起き、体重を測って記録し、大学ノートにひらがなを書かくことを強要していた。反省文のような言葉はその時に書いたものだった。

   事件を発表した警視庁捜査1課長も、あまりの痛ましさに目頭を押さえながら結愛ちゃんの言葉を読み上げたほどだった。

文   モンブラン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中