2019年 1月 22日 (火)

「薄毛」は許せるが「ハゲ」は許せん!それだけは妻に言ってほしくない夫の本音

印刷

カツラでごまかすより「思いっきりやった方がいい」

   三浦孝司さん(60)が社長を務めるホテルチェーンでは、「ハゲ」と自己申告した客は料金が500円割り引きされる。「ハゲ割引」だ。薄毛に悩んでいた三浦さんは40代でカツラを着け始めたが、妻の由利子さんから「スキンヘッドの方が似合うんじゃない? 思いきりやった方がいいんじゃないの」と言われ、隠すのをやめた。

   素直に受け入れられたのは、普段から由利子さんが薄毛について前向きで、「頭をいつも使っているから薄くなってきている。仕事を一生懸命やりすぎてこうなっているんだからいいハゲなんだ。そういうあなたが好きなんだよ」と言葉をかけてくれていたからだという。

   でも、ハゲ割引を「利用したい」と申し出る客は、月1~2人だそうだ。

文   ピコ花子
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中