2018年 8月 22日 (水)

長澤まさみ「コンフィデンスマンJP」10%大台乗るか?きょう最終話拡大編

印刷

   長澤まさみの「怪演」が話題のフジテレビ系ドラマ「コンフィデンスマンJP」(月曜よる9時)は、きょう11日(2018年6月)に最終話が拡大編で放送される。注目は最終話を平均視聴率が10%台で飾れるかどうか。スタートから9%台半ばまではいくのだが、なかなか2ケタに届かないのだ。

   先週もこれまでで最も高い視聴率となったのだが、9・5%だった。フジの看板ドラマ枠としては、もはや全話平均で2ケタは無理としても、弾けまくりの長澤という話題性があるだけに、せめて1話ぐらいは10%クリアといきたいところだろう。月9で視聴率2ケタの放送回は昨年(2017年)の夏ドラマ「コード・ブルー3rd」以来ない。(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中