2018年 10月 21日 (日)

大野智には通じなかった上島竜兵ギャグ「押すなよ、押すなよ」・・・いつまでたっても本当に押してくれない!

印刷

   <嵐にしやがれ>(日本テレビ系6月9日よる9時~)大野智が「自分の操縦する船で海に出てマグロを釣る」という悲願達成のため、二級小型船舶免許を取得した。操縦技術上達のため、所有船「大野丸」で特訓を行うシリーズの2回目だ。1回は荒波にもまれてものの15分で帰港してしまったが、今回は神奈川・三崎港を出て葉山を目指す相模湾クルージングである。

   連続ドラマ「怪物くん」の共演をきっかけに友達となったダチョウ倶楽部の上島竜兵が乗り込んできた。波も穏やか、お天気にも恵まれ、大野丸は出港した。漁師さんからとったばかりのサザエをいただき、薄切りの刺身にする。

   大野「わあ、うめえ。うまいねえ」

   上島「柔らかい」

   さらに、しらす漁にも遭遇。しらすは湘南の名産品だ。「食いてえ」と、大野はまんまととれたてピチピチをごちそうになる。「んんんっ。うめえ~。初めて食った、こんなの」。漁師からタッパーにてんこ盛りのしらすをもらってニコニコ顔だ。

お笑いセンスまるでないこと判明

   葉山の手前で海面で板に乗っているグループに出会う。SUPというボードに乗って移動やヨガ、釣りをするウォータースポーツだという。「やろうよ、竜さん」と大野は誘うが、上島は「ああ、やれば」とそっけない。上島は「お風呂より水深の深いところが苦手」なカナヅチだったのだ。

   おっかなびっくりでボードに乗ろうとする上島が、「押すなよ、押すなよ」とおなじみの台詞を連発する。ここで上島を突き落とすのがギャグなのだが、大野はシャレが分からない。上島は仕方なく自分でドボン。溺れてみせるが、それでも大野には理解できないようだった。

   無事に葉山港に到着したが、大野がお笑いセンスがまるでないことがわかったクルージングでした。

知央

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中