2019年 12月 7日 (土)

<今週のワイドショー>「米朝首脳会談」朝ワイドも世紀の生中継でヤキモキ!時間延長や特番に相乗り

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   放送時間と重なる火曜日(2018年6月12日)の米朝首脳会談をどう取り上げるか、朝のワイドショーは大騒ぎとなった。8時に番組はスタートするが、会談は10時からで、それまでつながなくてはいけない。トランプ大統領と金正恩委員長のこれまでのエピソードをかき集めたり、スタジオに朝鮮問題や国際問題の専門家を並べて、会談の様子をさまざまに予想・推測した。

 

   TBS系「ビビット」は司会が二人とも芸能人ということで深入りせず、直後の特番「Nスタスペシャル」にお任せということで、<「ビビット」残念!米朝首脳会談直前に番組終了・・・ホテル前からのリポートだけ>ということになった。

 

   フジテレビ系「とくダネ!」は首脳のツーショットを想定して、<金正恩が一番気にするトランプとの身長差!10センチ近いシークレートシューズ>と脱線しながらも、天達武史の気象予報を外したりして時間を埋めた。

テレ朝「モーニングショー」大慌て!見せ場で映像止まった

 

   「スッキリ」は10時25分までの放送なので、番組内に首脳2人の初顔合わせという最大のヤマ場が入るとあって、<首脳会談前夜に余裕のサプライズ散歩!「金正恩」マーライオンや夜景見物>と前夜の動きを伝えて、その時を待った。

 

   残念だったのはテレビ朝日系の「モーニングショー」だ。放送時間を30分延長して<初の米朝首脳会談 お互いのたたえ合いでスタート!「凄い大成功」「すべて克服」>と伝えたが、トランプ大統領が会談会場に向かう映像をハズしてしまった。宿泊ホテルの前でカメラは準備万端整えてスタンバイしていたが、先導の白バイ隊が出てきて、いよいよ大統領専用車が来るというときなって、映像が乱れて静止し、送られなくなってしまったのだ。次に映像がつながったときはすでに大統領の車列は出た後だった。

   これにはコメンテーターの玉川徹(テレビ朝日ディレクター)も「こっちも混乱してるね」と苦笑するしかなかった。(テレビウォッチ編集部

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中