2019年 2月 20日 (水)

「阪神大震災以上の揺れを感じた!」 高槻市では9歳女児がプールの壁に挟まれ死亡

印刷

   18日(2018年6月)午前7時58分、大阪北部で震度6弱の地震が起こった。

   8時ジャストにスタートした「とくダネ!」では冒頭、司会の小倉智昭がサッカーワールドカップについて話している途中に地震速報が流れた。番組は急きょ、報道センターと連携し、地震の最新情報一色になった。

   電話取材に応じた大阪府茨木市役所の広報担当は、出勤途中に子どもを保育園に連れていったところだった。「阪神淡路大震災と同程度、それかそれ以上の揺れを感じた。今回は横揺れがひどく、今までにないような感じだった」と話す。

止まった電車から線路に次々と飛び降りる人々

tv_20180618112302.jpg

   番組が進むにつれ、次々と明らかになっていった被害状況。止まった電車の中に閉じ込められた人たちが線路に降りる様子、渋滞する車の脇を歩いて目的地に向かう人たち、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)で粉々に割れたチケット売り場のガラスなど、生々しい映像が流れた。建物の損壊もあるという情報もある。

   豊中市、箕面市、吹田市を中心に大阪府では17万軒以上の停電が起きた。

   また、原子力規制委によると、運転中の大飯原発3、4号機、高浜原発3号機など、原発に現在のところ異常はないという。

   番組の後半、やっと人的被害の状況が入ってきた。高槻市の小学校で、9歳の女児がプールの壁に挟まれ死亡。そのほかにも心肺停止の人が複数いるという。大阪市の消防は、出動が多数で、詳細が把握できていないという。

   司会の小倉智昭「おとといは千葉で震度4、きのうは群馬で震度5弱、そして今日は大阪6弱と、地震が続いています。気になります。(今回の地震では)犠牲者も出ているようです」

   伊藤利尋(フジテレビアナウンサー)「これから全容が明らかになると思います」

文   ピノコ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中