2019年 2月 23日 (土)

薄っぺらB級サスペンス救った「西郷輝彦」の存在感・・・出てくるだけでドラマに重厚さ
<森村誠一サスペンス おくのほそ道迷宮紀行>(TBS系)

印刷

   中村梅雀と松下由樹の新コンビ刑事もの。俳句がちりばめられた如何にも作家が書いた推理小説らしい作品。岩手・平泉の老舗旅館の女将・晴子が都内のホテルで殺されて、その犯人を、那須猛(中村梅雀)と幸村あかり(松下由樹)という2人の刑事が追う話だが、地元出身国会議員の小松原(西郷輝彦)が晴子の遺体を連れ帰る。

   老舗旅館と取引のある針生酒造の息子たちが、それぞれ曰くありげな関係で、次々に殺人が起きる。2時間ドラマの筋書きを書いても仕方がないので、見所を1点だけ。小松原は今は国会議員だが、元は学校の校長だった男、何やら秘密がありそうで、最後まで惹き付ける。よくある地元の有名人=犯人方の黒幕、の図式かと見ていたらそうでもなく、初老の男にしては色気があるので、女絡みの中心人物かと思ったら、これまたそうでもなく、怪しげでもある。

   西郷輝彦は「星のフラメンコ」という大ヒットをもった歌手だが、時代劇の殿様物以来、すっかり俳優づいている。今回の役も彼1人が加わったおかげで、薄っぺらなB級サスペンスになるところに、なんとなく重厚さが加わって、終わりまで退屈せずに見させた。

   梅雀は「信濃のコロンボ」などのユーモラスな役と違い、真面目で融通の利かないこわもての刑事。どちらかといえば、梅雀はずっこけてそそっかしい役の方が似合う。犯人の秘書(黄川田将也)は、彼が出てくるとケチなワルになるので、見当がついてつまらなかった。)(放送2018年6月11日20時~)

   (黄蘭)

採点:0.5

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中