2019年 7月 20日 (土)

いよいよサッカーW杯の初戦 コロンビア相手にいちばん気をつけることは

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   サッカーのロシアワールドカップ、日本初戦の対コロンビア戦が今夜(2018年6月19日)、キックオフされる。23人の代表選手はきのう18日、会場があるサランスクのスタジアムで最後の練習を行った。西野朗監督は「できる限りの準備をした。十二分ではないが、十分であるという手応えを感じている」と話した。

初戦に勝つと決勝T進出の確率は85%、負けると...

tv_20180619113830.jpg

   現地から山本紘之アナが「サランスクは今大会の開催地11都市中で、いちばん小さな街ですが、コロンビア人サポーターがいっぱいいます。30度近くあって暑いです」と伝えた。

   コロンビアは前回2014年大会ベスト8の強豪で、そのグループリーグ最終戦で日本が1対4で敗れた相手でもある。サッカー解説の北澤豪さんは「いちばん気をつけなければいけないのはミス。コロンビアはミスを一気についてくる。前半は0対0でいきたい」という。

   グループリーグの初戦で勝ったチームは、決勝トーナメント進出の確率が85%、引き分けは55%、負ければ11・7%というデータがあるそうだ。

   司会の加藤浩次「今大会は格下の弱小チームが頑張っている。本当に大事な試合になります。予想スコア? 1対0ですね」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中