2019年 2月 24日 (日)

大江アナ、WBS「突然のメガネ」の理由 「結膜下出血」で「白目が真っ赤に」

印刷

   テレビ東京アナウンサーで、「ワールドビジネスサテライト」メインキャスターの大江麻理子は20日(2018年6月)ツイッターを更新し、自身が結膜下出血に罹っていることを明かした。

   大江は番組で突然眼鏡をかけるようになっていた。その理由について、

「右目が『結膜下出血』という、毛細血管が切れて白目の部分が真っ赤になってしまう症状になってしまったので、それを隠すために今週は眼鏡をかけています」

と説明した。症状については、

「日に日に良くなってはいるのですが、もうちょっと残っていて、完治するには今週いっぱいくらいかかりそうです」

と書いている。

   この投稿に対しては、

「早く良くなってください!でも、眼鏡姿の大江さんも素敵ですね、きっと」
「私もなりました!ビックリしますよね...私は早くて3日くらいで治ったことがあります。早くよくなるといいですね お大事にしてください!」

など数多くの応援メッセージが寄せられている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中