2019年 2月 23日 (土)

拳銃強奪・射殺の島津慧大 凶行直前にはアルバイト先の店長殴打

印刷

   富山市で、交番の警察官を刺殺して拳銃を奪い、工事現場に警備員を射殺した元自衛官・島津慧大容疑者(21)は、おととい26日(2018年6月)の事件の食前、アルバイト先のショッピングセンターで店長を殴り、飛び出したことがわかった。交番に現れた時には50センチの山刀や35センチの斧など4本の刃物を持っていた。

   司会の羽鳥慎一「交番襲撃を計画していた可能性がありますね」

   キャスターの宇賀なつみアナ「出勤前から刃物を所持していたのかも。ただ、交番を襲った後、住宅街に20分間ひそんでいたそうです」

交番襲撃は計画的?刃物4本用意

tv_20180628113318.jpg

   高木美保(タレント)「交番は奇襲のような用意周到な感じですが、小学校を襲ったのは場当たり的かな。動機を聞きたい」

   何かの狙いで物騒な刃物を用意したらしいが、交番から小学校へ向かうまでに迷ったような時間があった。どうして小学校へ行ったのかがまだわからない。

   羽鳥「足取りから少し見えてきました」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中