2019年 11月 19日 (火)

イチロー、桑田を育てた漫画「ドカベン」46年・・・超人じゃないからカッコいいヒーローたち

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   水島新司氏の野球漫画「ドカベン」が、28日(2018年6月)発売の「週刊少年チャンピオン」で、46年にわたる連載の幕を閉じた。明訓高校の四天王のドカベンこと山田太郎、里中智、岩鬼正美、殿馬一人を中心に、個性あふれる登場人物が甲子園を目指して繰り広げるドラマが、少年たちの心をつかんだ。武田真一キャスターも「毎週、チャンピオンを買ってました」という。

   明訓高校は計4回甲子園で優勝して、1982年に休載となった。その後、4人がプロ野球パリーグのチームに所属するプロ野球編で連載を再開した。元中日投手の山本昌はここに登場して、岩鬼にホームランを打たれていた。「エースが怪物じゃないところがいい。弱々しいが、実は芯が強い。かっこいい」と話す。漫画に登場したのは、「試合の後の風呂で、仲間から聞いた。決め球のスクリューボールを打たれてました」と笑う。

落合博満「リアリティーがあった」

   作者の水島は「46年は長いが、キャラクターに囲まれて、毎日楽しく描いてきました」と語る。この漫画に夢中になり、プロになった選手も多い。

   イチロー「少年時代の愛読書でした」

   桑田真澄「夢を持つこと、友情など、ドカベンに教えられた」

   落合博満「魔球とかではなく、ドカベンにはリアリティーがあった」

   原辰徳「親近感が持てました」

   「ドカベン」とあだ名された香川伸行は2年前に亡くなったが、生前、「主人公が自分の人生をバックアップしてくれました」と話していたという。

   水島の野球仲間が集まる居酒屋が、東京・四谷にある。「ドカベン」や「あぶさん」など水島の漫画が溢れる中で、客は「岩鬼の真似をして、葉っぱをくわえたりしたなあ」「秘打白鳥の湖とかね」などと、連載終了を惜しんでいた。

「キャプテン翼」「スラムダンク」・・・新しいスポーツ漫画に大きな影響

   この独特の「ドカベン」人気を、漫画研究家の小田切博さんは「『ドカベン』以前は、『巨人の星』みたいなバトル漫画で、魔球だとか、忍術を解説しているようなところがありました。『ドカベン』はスポーツ漫画を変化させた」と見る。

   お笑いタレントの土田晃之は漫画は見ていないという。「アニメや実写版の映画は見ました。それより、他のスポーツ漫画への影響が大きかったと思ます」

   2015年にスポーツ紙がまとめた人気スポーツ漫画のランキングで、「ドカベン」は3位。2位がサッカーの「キャプテン翼」(高橋陽一)、1位がバスケの「スラムダンク」(井上雄彦)だった。連載開始は、「キャプテン翼」が81年、「スラムダンク」が90年だ。高橋、井上両氏は、水島漫画に触発されたという。

   武田は「同じ時代を山田と一緒に生きて幸せだった。ありがとう、ドカベン」とかっこよく締めくくった。

NHKクローズアップ現代+(2017年6月28日放送「人生を変えるスポーツ漫画~ドカベン その半世紀が残したもの~」)

文   ヤンヤン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中