2019年 11月 19日 (火)

「サッカー興味ない」古市憲寿、まさかの代表ユニ姿を披露 でも、その表情は...

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   社会学者の古市憲寿氏が2日(2018年7月)インスタグラムを更新し、同日に情報番組「とくダネ!」で共演した作家の橋口いくよとの2ショット写真を公開した。

   サッカーに興味がない旨を公言し、ロシアW杯も「見ない」と同番組で宣言していた古市氏。この日の放送でも、古市氏は翌日に控えたベルギー戦の特集にも関心の薄い反応を繰り返していた。これに司会の小倉智明が、

「(ムスっとした顔で黙り込んだ後)なんでサッカーの大事な日に古市を入れるの。それが問題だよ」

などとつっこむ場面もあった。

   そんな番組収録後、古市氏はインスタグラムを更新。

   「橋口さんととくダネ!でした」「#橋口いくよ #とくダネ #ワールドカップ #半目 #応援してる風」とのハッシュタグ付きで、サムライブルーのユニフォームを合成し、「半目」の何とも言えない表情を浮かべた自撮り姿を公開した。

   この投稿には、

「顔が死んでます 笑」
「目が死んでる」
「ユニフォーム姿、素敵です」
「この表情面白すぎます」

などのコメントが寄せられている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中