2019年 10月 24日 (木)

今夜から日本列島「大雨」警戒!台風7号崩れの温帯低気圧で雷雨

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   九州の西海上から日本海に進む台風7号が、梅雨前線の雨雲を刺激して暴れまわっている。九州、四国と北海道できのう3日(2018年7月)から暴風雨の被害がつづいた。

   関東甲信越は猛暑となり、都心の最高気温が32・7度に達して、9日連続の真夏日となった。埼玉県熊谷市は35度で5日間連続の猛暑日だった。

二つの雨雲が合体

tv_20180704120405.jpg

   気象予報士の松並健治によると、台風7号は今夜までに温帯低気圧に変わるが、あす木曜からあさって金曜にかけて台風と梅雨前線の2つの雨雲が一つになって北海道方面に進む。西日本や東日本には南から湿った空気が入り、広い範囲で雷雨の可能性がある。「全国的に雨量が増えます」という。

   キャスターの水卜麻美アナ「雨や風の被害も心配ですし、暑さにも気をつけないといけません」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中