2019年 2月 21日 (木)

タイ洞窟の13人どうやって救出するか―地上から脱出穴掘削、乾季まで待つなど検討

印刷

   タイ北部チェンライ県で洞窟に閉じ込められていたサッカーチームの少年と男性コーチの13人が9日ぶりに発見されたが、洞窟ダイビングのプロ・吉田勝次さんは「水につからずにいたことで体力を温存でき、気温が21度から26度と暖かく、仲間で支えあえこともよかった」と話す。

危険大きい潜水

tv_20180704130412.jpg

   今はタイ海軍のダイバーや医師ら7人がつきそっているが、救出は手間取りそうだ。上から穴を掘る、少年たちに潜水技術を教える、乾季まで4か月待つなどの方法が検討されているという。

   地上からの脱出穴は、重機が入る場所があるか、崩落の危険も考えなければならない。潜水救助は技術を持つ人が少なく、想定外のパニックが起きる可能性もあり「いちばん避けたいやり方」という専門家もいるそうだ。

   宮崎哲弥(評論家)「4か月待つのも、これから本格的雨期なので安全とはいえないですよね」

   キャスターの近藤春菜(お笑いタレント)「救助まで時間がかかるんですね」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中