2018年 9月 22日 (土)

オウム真理教「松本智津夫」けさ死刑執行!異例の国会会期中

印刷

   サッカー日本代表の西野朗監督の交代の話題の最中に、松本智津夫(麻原彰晃)の死刑執行の速報が飛び込んできた。司会の羽鳥慎一が「ちょっと待ってください」とニュースを読み上げ、オウム事件を長年取材してきた清田浩司デスクが「モーニングショー」のスタジオに駆けつた。

   羽鳥「このタイミングでの執行というのはどういう意味なんでしょうか」

   清田「国会会期中は死刑執行はしないのが慣例だったので、会期(7月22日閉会)が終わって7月中に執行という見方が出ていました。オウム事件は平成の大事件ですが、来年はその平成も終わるので、平成のうちに片を付けようということは、政府内にもあったと思います」

真相いっさい語らぬまま

tv_20180706120250.jpg

   コメンテーターたちも執行のニュースに驚いたようだった。長嶋一茂(スポーツプロデューサー)は「ええっ、いきなりですね」と声を上げる。玉川徹(テレビ朝日解説委員)も「いまも別の形で教団は残っていて、死刑執行すると、(松本は)『神』になってしまう危険が指摘されていたので、本当にするんだろうかと思ったりしてました」という。

   吉永みち子(作家)「詐病なのかとも言われていましたが、結局、松本死刑囚の口からは何も語られず、そのチャンスがもうなくなってしまったということですよね。若い人にはサリン事件などの記憶は薄れていて、無差別テロなどの警鐘を知らないまま、入ってしまう怖さがあります。もう一度、オウム真理教や彼らが起こした事件を検証する必要があります」

   松本の死刑が執行された東京拘置所の前から、吉田遥記者は「公安当局はオウム関係団体の捜索を行うことにしてます」と伝えた。

カズキ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中