2018年 11月 21日 (水)

長谷部誠を次の次の日本代表監督に!信頼感はキャプテンで証明済み

印刷

   サッカー日本代表はきのう5日(2018年7月)に帰国した。成田空港にはファン約800人が出迎え、報道陣らも加えると約1000人で、ターミナルビルはわき返った。キャプテンの長谷部誠選手は今大会で代表を降りると表明した。

   「帰りの飛行機で窓から雲を見ながら、ちょっと感傷に浸りました。本当に喪失感はすごいですね」

   2006年に代表入りして以来、ずっとチームを牽引してきた。10年の南アフリカ大会で負け続けのチームの空気を変えるため、岡田武史は26歳の長谷部をキャプテンに抜擢した。これが当たって、決勝リーグに進んだが、自らは「名ばかりのキャプテンだった」という。

本人も「1%の後悔をこれからのサッカー人生に」

tv_20180706161313.jpg

   ロシアからの帰国の機内でのツーショット写真をツイッターに載せた長友佑都選手は、「ハセさんに出会って、キャプテンの概念が変わった。言葉にするのは難しいけど、とにかく偉大だ」という。

   本田圭佑選手も「僕が緊張していた時に声をかけてくれたのも彼ですし、本当に信頼のおける、彼か代表のキャプテンは務まらない」とまでいう。吉田麻也選手は「彼ほどチームのことを考えてる人はいない」

   きのうの会見では「今は99%の満足と1%の後悔。その1%の後悔をこれからのサッカー人生につなげられるようにしたい」と語った。

   司会の国分太一「生まれ変わったら、長谷部になりたい! クラブチームでこの悔しい思いを晴らすんだと」

   堀尾正明キャスター「次の次くらいに監督に!」

   国分「あー、それいい」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中