2018年 9月 19日 (水)

81歳で亡くなった「桂歌丸師匠ありがとうスペシャル」 笑点らしい送り方に座布団百枚!
〈笑点〉(日本テレビ系)

印刷

    この日は2日(2018年7月)に81歳で亡くなった先代司会者・桂歌丸師匠を追悼する「桂歌丸師匠ありがとうスペシャル」だった。
前半は「笑点」第1回目から出演していたミスター笑点こと歌丸師匠の出演場面を見ながら、在りし日の姿を偲び、思い出を語り合うもので、司会者時代に、歌丸師匠の死亡ネタに怒って、全員の座布団を没収するシーンなどが流れた。後半はいつもの大喜利で、今回は歌丸師匠が喜びそうな回答をした人には座布団1枚、その逆に怒りそうな回答をした人は座布団1枚取られるという特別ルール。
お題は「50年に渡って支えてくれた師匠に感謝していること」。「歌丸師匠、ありがとう~!」と天国の師匠に呼びかけてひとこと言うのだが、そこは落語家の腕の見せどころ、円楽が「車椅子を押した時、新幹線のホームでブレーキをかけずにいてごめんなさい」といえば、木久扇が「木久蔵ラーメン、おいしいって食べてくれてありがとう。あれは全部、賞味期限がきれていました」などなど。
最後は円楽が「いつも私の悪口を優しく受け止め、罵詈雑言に耐えて下さってありがとうございました。最後に、『じじい、早すぎるんだよ!』」と毒づきつつも、その目には涙が......。円楽の目にも涙。キャラがブレやしないかと心配になる「笑点」らしい追悼だった。
酸素吸入器をつけながらも、最後の最後まで「笑点」の顔でありつづけた歌丸師匠に、お疲れさまとありがとうを言いたい。(2018年7月8日17時30分~)

(白蘭)

採点:2.5
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中