2018年 11月 21日 (水)

「会長様愛しています」と言わされる 今度はアシアナ航空でセクハラ暴露

印刷

   「会長様愛しています」「昨日の夢に会長様が出てきました」などというセリフを本社訪問の前に練習させられる。「会長の右腕を組むのはあなた、右腕はあなた」と上司に命じられる。会長が「君たちは僕の彼女だ」「腹筋触ってみる?」とスキンシップをしてくる......。

   アシアナ航空の社員たちが錦湖(クムホ)アシアナグループの朴三求会長のセクハラやパワハラと、会社幹部の会長への異常とも言える「忖度」を暴露し、韓国で問題になっている。8日(2018年7月)には、仮面を着けたアシアナ航空社員ら200人以上がソウルの広場に集まり、朴会長の退陣要求をする抗議集会を開いた。

お粗末な機内食は「大韓航空のせい」とライバル批判

tv_20180710131501.jpg

   パワハラが表面化した発端は1日(2018年7月)、アシアナ航空内で提供された、カップ麺や変色したリンゴなどのお粗末な機内食だ。新しく契約した機内食業者の工場が火事になり、機内食の準備ができなくなってしまったのが原因だ。

   問題は4日に開かれた、謝罪会見での会長の発言だった。「大韓航空が助けてくれなかった」など他社に責任をなすりつける発言をし、大反発を買ったのだ。

   極め付けの一発もあった。騒動のさなか、1日付で娘(40)をグループ会社に常務として就任させていたことを発表。この娘はそれまで家庭に入っており、グループ会社とは無関係だ。会見でそのことを問われた会長は、「温かく見守ってほしい」と発言した。これで社員の不満は爆発し、暴露大会に発展したという。

   ゲストのさだまさしさん(歌手)「壮大なコントですね」

   司会の小倉智昭「これでしばらくアシアナには乗らないという人が出てきそうです」

   中江有里(女優・作家)「大韓航空の前例があるのに、どうして......。告発者が仮面をかぶっているのも、報復を恐れていることを示していて、黒いものを感じます」

   小倉「お客さんは大韓航空とアシアナを行ったり来たりしているんだろうな」

文   ピノコ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中