2019年 11月 12日 (火)

いつもリップクリームを持ち歩く、こだわりのオトコ大野智をマジ切れさせた松本潤のデリカシーゼロ発言

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「VS嵐」(2018年7月5日夜7時~・フジテレビ系) 嵐のメンバーがゲストとゲームで対戦するエンターテインメント番組。相手チームは、7月9日スタートの月9ドラマ「絶対零度―未然犯罪潜入捜査」チーム。番組名にちなんで「絶対〇〇してしまう自分の中のルール」を質問された時のこと。主演の沢村一樹は「絶対髪の毛は自分で切る」と答え、「役の時も自分で切る」「後頭部は触って勘で切る」と説明。「人に切られるのが嫌なの?」と質問した嵐・松本潤に「じっと座っているのが嫌、切りたいときに予約が取れないのが嫌」とヘアカットするようになったいきさつを話した。

「いいじゃん、なめときゃ。カサカサしてたっていいじゃん」

   共演者の伊藤淳史は、「絶対リップクリームを持ち歩く」と答えた。「絶対自分のリップ(クリーム)がないとそわそわしちゃうんで、必ず自分のリップを持つ。車で走って5分後にないことに気づいたら、家に(取りに)帰る。決められたリップじゃないとダメなんで」と、こだわりぶりを明かした。すると、櫻井翔が「メチャメチャ大野さんが共感されてます」と大野智を紹介。大野は伊藤に「今、入ってます、リップ?」と質問。伊藤が「今はメイクさんに持ってもらってます」と答えると、「僕はいつも入ってます」と収録中も常時携帯していることをドヤ顔で自慢した。伊藤は「そこを目指して頑張ります」と思わぬ同胞の出現に晴れやかな笑顔をみせた。

   大野に「そんなに乾くの?」と相葉雅紀が素朴な質問をぶつけると、大野は「いや、不安なんだよね」と伊藤に相槌を求めると、伊藤が「そうなんですよ。乾いたときにないと猛烈にあせるんですよ」と即座に呼応した。すると、松本潤がデリカシーのまるでない感想をつぶやいた。「いいじゃん、なめときゃ」。それを聞くや、日頃温厚な大野が豹変。語気荒く、「なめたらもっと乾くんだよ、バカ」とバッサリ切って捨てた。バカ呼ばわりされたにもかかわらず、「何で? だって、カサカサしてたっていいじゃん、別に。何が嫌なの?」と口をとがらせて反論する松本。

   執拗に続ける松本に、大野がマジ切れした。「お前にはわかんないんだよ」とピシャリ。質問をシャットアウトした。プラスワンゲストの南海キャンディーズ・山里亮太が「だいぶトリッキーなところに地雷がありましたね」と伊藤の上をいく大野のこだわりぶりを笑いに変えた。その間、松本は大口開けてのガハガハ笑いが止まらない様子。他人のこだわりに茶々を入れ、笑い飛ばすのは人としてどうだかね。

   知央

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中