2018年 9月 19日 (水)

広島になぜ多い?土砂崩れ・水害―花崗岩が風化した脆い真砂土

印刷

   広島で大規模な土砂崩れ、大水が発生するのはなぜなのか。砂防対策に詳しい東京大の太田猛彦名誉教授は、「雨が降ったら山は半分は水の塊になるのですが、とりわけ広島は花崗岩が風化してできた砂状の脆い真砂土の層で覆われているんです」と指摘する。

tv_20180712145855.jpg

   真砂土は雨水を浸透し、水がたまりやすい。豪雨になると吸収しきれず、大量の水が土砂とともに流れ下る。今回は「想定以上の大量の雨量だったので、限界まで水を含み、それで雨が止んで何日もたつのに水が出続ける原因でしょう」(太田教授)

   司会の小倉智昭「そのよう真砂土のところは、日本に多いのでしょうか」

   太田教授「非常に多いですね。広島の隣りの岡山もそうです」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中