2019年 7月 22日 (月)

稲垣吾郎が毎週1冊の本を取り上げ、著者と存分に語りつくす 木村拓哉と袂を分かった秘密がコレでわかる? 〈ゴロウ・デラックス〉(TBS系)

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   元SMAP稲垣吾郎がMCをつとめ、あの騒動の後も打ち切りにならなかった貴重な番組だ。「本」をテーマにしていて、毎週ある1冊の話題作(番組では課題図書と呼ぶ)を取り上げる。著者をゲストに招き、作品についての話はもちろん、著者についてのあれこれを聞き出すもの。普段、お目にかかれないような作家の素顔に触れることができる、本好きにとっても貴重かつ楽しみな番組だ。

   仕事とはいえ、稲垣は毎週、課題図書を読んでいるわけで、そんな彼を見ていると、読書の効用は間違いなくあるということがわかる。うがった見方をすれば、SMAPの中で最も仲がよかった(ように見えた)木村拓哉と袂を分かち、草彅、香取と行動をともにしたのも、彼なりの考えがあったのだということ。そして、それは正解だったかも。というのは、今日の3人の活躍ぶりをみてもわかる。

   この日のゲストは「ルネッサ~ンス!」でおなじみの髭男爵・山田ルイ53世。課題図書は『一発屋芸人列伝』(新潮社)。自身も一発屋芸人扱いされることもある著者が、テツandトモ、ジョイマン、クールアンドポコ......らの芸人にインタビューしたもので、本作で山田は「雑誌ジャーナリズム賞 作品賞」を受賞している。

   声のいい山田は、現在、ラジオのパーソナリティーとして活躍している。芸人だけに話が面白く、重宝されているようだ。それにしても、相方のひぐち君をすっかり見かけなくなったが、どこへ!?

   (放送2018年7月12日1時03分~)

   (白蘭)

採点:1
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中