2019年 7月 22日 (月)

「鬼太郎」よ、お前もか! 7月限定とはいえ、本編もCMも境港づくしの宣伝にはちょっとどうなのか感が... 〈ゲゲゲの鬼太郎〉(フジテレビ系)

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   以前、当欄で取り上げ、今回の「鬼太郎」はこれまでとはちょっと違う、オトナも楽しめるアニメですよ、とベタ褒めした「ゲゲゲの鬼太郎」だが、7月に入り、ちょっとした異変が起きている。

   スポンサーに鳥取県あり。どーゆーこと?? と思ったら、なんと物語の舞台が「境港」になっていて、CMタイムには着ぐるみの鬼太郎、ねずみ男、砂かけばばあが登場、ねこ娘に扮したアイドル風の女性を名所にご案内。最後は美しい大山を背景に「僕らはきっと逢えるんだ 妖怪ワールド 鳥取県」でしめるといった感じだ。

   このCMは7月限定ということだが、その意図は、夏休みの旅行にどうぞ、というアピールだ。やみくもにCMを出すより、「鬼太郎」を見ている視聴者に向けてピンポイントで流すのが効率いいに決まっている。境港はなんといっても、作者・水木しげるの故郷であるし、「聖地」でもあるわけで、アニメをきっかけに「鬼太郎」を知った新たなファンを獲得し、観光誘致するという作戦なのだろう。

   にしても、本編もCMも境港づくしというあからさまな宣伝にはちょっとどうなのか、という思いもよぎる。このチャンスを逃すまいと必死なのはわかるが......。「鬼太郎」に限ったことではないが、子ども向けの番組は関連グッズの宣伝がとにかく多い。男の子用には変身グッズ、女の子にはおしゃれグッズと、とにかく売らんかなの姿勢が露骨で不快になる。「鬼太郎」よ、お前もか、と複雑な思い。

   (放送2018年7月15日9時~)

   (白蘭)

採点:0
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中