2019年 2月 22日 (金)

3日で上映中止!中国映画史上最悪のズッコケ大作「ASURA」予告編が思わぬ人気

印刷

   中国の歴史ファンタシー大作映画「ASURA」が、「いったいどんな映画なのか」と思わぬ話題になっている。中国映画史上最高額だという制作費約126億円を投じ、7月中旬に公開したものの、不入りの上に、「話のつじつまが合わない」など観客の評判が散々で、公開からわずか3日間で上映中止となってしまったからだ。

   この映画は古代仏教の「阿修羅」がテーマで、レオン・カーフェイなどの大物俳優が出演し、監督はスタント・コーディネーターのチャン・ペンで、これがデビュー作品という。地方暮らしの素朴な少年が「ASURA」界の王として悪の軍団に立ち向かい、世界の危機を救うべく奮闘するといったストーリーのようだ。

本編は修正して再上映

   YouTube(ユーチューブ)では、トレーラー(予告編)映像が今年3月(2018年)から公開されていて、視聴回数はすでに約60万回。ハリウッド大作とは1ケタ少ないが、「ツイッターでニュースを読んで見に来た」「どれだけひどいのか、一度見てみたい」などのコメント寄せられている。

   なお、映画は修正した上で再上映する可能性もあるということだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中