2019年 10月 15日 (火)

「救出は家が遠い順番だった」タイ洞窟の少年らサッカーユニフォームで会見

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   タイ・チェンライの洞窟から救出された少年ら13人全員がきのう18日(2018年7月)に退院し、会見を開いた所属するサッカーチーム「ムーパー」(タイ語でイノシシを意味する)のユニフォーム姿だった。

   少年らが洞窟に入ったとき食べ物は持っておらず、救出は家が遠い順だったという。

「帰ったらお父さんやお母さんに叱られる」

   洞窟のなかでは、「家に帰ったら、お父さんに叩かれると思った」(ミックくん)、「母さんにメチャクチャにされる」(ティーくん)など、親に怒られることを心配していたという。

   モーリー・ロバートソン(国際ジャーナリスト)「いやあタフですね。生命力、すごいなって感動しますね。救出の過程で亡くなった人がいるから、日本だと、(会見では)哀悼を示したり、『お騒がせしました』と沈鬱にやりますよね。文化の違いもあるんでしょうが、命を取り留めた喜び、そしてみなの前でふたたびサッカーをやってるタフさには、学べるものがあると思いました」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中