2020年 7月 4日 (土)

小泉進次郎「新・いうだけ番長」安全地帯から石投げるだけかい!安倍口撃も尻すぼみ

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   小泉進次郎という政治家は親父・小泉純一郎にそっくりである。有言不実行の人だ。短い刺激的なフレーズで聴く者を一瞬惹きつけるが、そのほとんどはいいっ放しである。

   今回も、参議院の定数を6増やす党利党略法案に対して、「国民をなめてはいけない」などと批判的だったのに、採決では賛成票を投じた。野党議員からブーイングが起こるのは当然である。国民をなめているのは安倍首相と同じではないか。

   週刊文春は「小泉はいつも安全地帯にいて、総裁選直前にはインドへ逃亡する」計画だと報じている。<モリカケ疑惑が浮上する度に『平成政治史に残る大事件だ』と安倍首相を口撃してきた進次郎氏。疑惑解明に特化した審議の場を設けるべき、と主張して、国会改革案の一つに、特別調査会の設置を掲げてきた。ところが、超党派議連でまとめた提言には、同会設置は盛り込まれず、党首討論の夜間開設や国会のペーパーレス化など、表層的な提言が目立つ>(週刊文春)

   総裁選では、石破茂を支持して安倍批判をぶち上げるのかと思ったら、8月上旬から4人の衆議院議員とインド旅行するというのだ。安倍一強体制の中で、批判的なことをチョッピリいえばメディアが挙って取り上げてくれるという計算が鼻につく。まさに「平成の新・いうだけ番長」(週刊文春)である。

   そんな小泉に「女を取られた」という妄想を抱き、破廉恥メールやDV沙汰を起こしていたアホな元議員がいると、同じ週刊文春が報じている。その名はあの中川俊直氏(48)である。昨年4月(2017年)に愛人とハワイで「重婚ウエディング」を挙げたと週刊新潮に報じられ、その後、件の愛人とトラブルを起こして警察沙汰になり、「ストーカー登録」されてしまった。悪名高き安倍チルドレンの象徴といってもいい男である。

   昨年の衆院選では自民党公認が得られず出馬を断念した。そんな中川と、昨年3月にフライデーに「真夜中の密会」を撮られた相手は、料理研究家から14年末の衆院選で初当選したが、去年10月の選挙で落選してしまった前川恵氏(42)である。前川は男女関係はないと否定している。

   15年11月ごろから、前川が電話に出られなかったことに端を発して、中川のメール攻撃が始まったという。「シカトするな! ナマイキだ」「謝り方を知らない」から始まり、16年10月には、前川が小泉進次郎とイベントで一緒になったことに腹を立て、「死ねよ! 死ね。進次郎狂いのきちがい。明日も進次郎の為に司会をやれ! 死ねよ! バカ」。その後、前川は中川に突き飛ばされて壁に頭をぶつけてもいるそうだ。

   こんなことをやられても警察沙汰にしないのは、前川の方にも後ろめたいところがあるのだろうと、私は邪推してしまう。記事を読む限り、中川のような人間を政治家などにしては絶対いけない。そんな男と袖すり合った女もホメられたものではない。

錦織圭「ウインブルドン8強」お祝いはやっぱり下げ××の彼女と

   フライデーに出ている錦織圭(28)のちょっといい話。ウインブルドンで8強入りした錦織だが、お約束通りにジョコビッチに敗れてしまった。さぞかし傷心だろうと思うとさにあらず。2日後の夜には渋谷の古びた鶏料理屋のカウンターで、あの噂の彼女とラブラブだったというのである。観月あこ(26)と、「シメの雑炊を二人で分け合ったりしてさ、付き合いたてのカップルみたいにラブラブでしたよ」(その店の男性客)

   錦織が壁にぶち当たったため、「あこは下げマン」などと揶揄されたが、今回の8強入りで復活の手ごたえを得たのだろう、2人は店を出てぶらぶらと歩き、送迎のクルマに乗って帰還したそうだ。これで"天敵"ジョコビッチが引退してくれたら、万々歳だろう。

   週刊新潮は今週も「食べるなら安心の国産食品」特集をやっている。今回は子供も好きなレトルトカレーやハンバーグ、ご飯ものやピザなど。カレーといえば、長い歴史を持つボンカレーだが、中でも「THEボンカレー 厳選素材のこだわり本格製法」、もうやんカレーの「もうやんカレーポーク」、石井食品の「チキンハンバーグ」「おべんとうクンミートボール」などが上がっている。

   私がよく買う、セブンプレミアムの「ライスバーガー炙り焼肉」「手延ばし長時間発酵のもちもち生地マルゲリータ」「北海道じゃがいものフライドポテト」もある。

   このところカミさんとは家庭内別居中だから、外食ばかりである。こうしたレトルトを買ってきてオフィスで食べたいのだが、あいにくガスを引いていないし、電子レンジもない。別居状態が半永久的に続くとすると、Amazonで電子レンジの安いのでも買うか。

   いまさら長生きなどしたくはないが、「男性高齢者が長生きできる街」などというタイトルを見つけると、つい読んでしまうのは、まだこの世に未練があるということだろうか。

   週刊文春によると、男の平均寿命が長い市区町村ベスト5は、神奈川県横浜市青葉区が83・3歳、次いで同県川崎市麻生区、東京都世田谷区、神奈川県横浜市都筑区、滋賀県草津市と続く。

   こうしたところは比較的裕福な人たちが住み、緑が多く、地域コミュニティが活性化していて、ボランティアなどを通じて人と接し、孤独を感じないそうだ。今さらとは思うが、地域の盆踊りにでも顔を出してみるか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中