2019年 3月 24日 (日)

高畑充希の「忘却のサチコ」が連ドラ化 結婚式の日、新郎に逃げられた心の傷を美食で癒すグルメ女子物語

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   テレビ東京で1月2日(2018年)に新春ドラマスペシャルとして実写ドラマ化されて話題になった「忘却のサチコ」が、今年10月、連続ドラマとしてテレビ東京系で放送されることがわかった。

「うまいもの」を探し求め奔走するグルメ道コメディー

   原作は、週刊ビッグコミックスピリッツで連載中の阿部潤氏の同名コミック。主演は、新春ドラマSPと同じく女優の高畑充希(26)が務める。 ヒロインは結婚式の日、新郎に逃げられた文芸誌のアラサー編集者・佐々木幸子。完璧な仕事ぶりから「鉄の女」と称された幸子が、おいしい食事がつらいことを忘れさせてくれることを発見、「うまいもの」を探し求めて奔走するグルメ道コメディーだ。

   もともと原作漫画のファンだったという高畑は「幸子さんに愛着が湧いちゃっていたので、スペシャルで終わりは寂しいなと思っていた」といい、連ドラ化が決まり、「ドラマスペシャルは、周りのみんなは楽しんで観てくれていましたが、私の母はなぜか泣けたらしくて。連ドラなので食べるシーンが増えるから、少しずつ食べるシーンを上達させたいです」と意気込んでいた。(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中