2019年 7月 23日 (火)

ええっ! 荷物を玄関先や車庫に置くだけで「配達完了」? 日本郵便が苦肉の新サービス

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   日本郵便は荷物を玄関先や車庫などに置くだけで「配達完了」とするサービスを来年(2019年)春から始めることを検討している。デパートや通販会社と事前に配達場所を決め、日本郵便はそこに荷物を届けるというものだ。置き場所はドアの前、ドアノブにかける、車庫の中などが想定されている。

   盗難や紛失、補償などの対策についてはなお検討中だ。配達員の人手不足を解消する狙いのようだ。

配達員の人手不足の解消が狙いだが...

tv_20180724101936.jpg

司会の羽鳥慎一「どうですか?」
菅野朋子(弁護士)「敷地の中なら、いいのかなと思いますが」
青木理(ジャーナリスト)「モノによりますね。安いものやなくなってもいいものなら、再配達してもらうより、こっちの方が便利だと思いますが、大事なものは心配です。どちらにするか選べるようにしてほしいですね」
羽鳥「盗難、紛失、補償。このところが問題ですよね」
菅野「合意があれば、基本的な個人の責任になりますが、保険をかけることなど、検討されると思います」
羽鳥「配達する方は再配達しなくていい、配達される方も在宅して待たなくてもいい、というわけですよね」
玉川徹(テレビ朝日解説委員)「マンションは共用の問題などいろいろありますから、これは一軒家の敷地内をイメージしているんでしょうね。古いマンションは、宅配便がこんなに盛んになるとは思わなかったでしょうね」

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中